ソフトドリンクケトーシスという名前の病気

ペットボトル症候群は通称で、本来はソフトドリンクケトーシスという名前の病気です。スポーツドリンクや清涼飲料水には多くの糖分が含まれています。特に一部のスポーツ飲料は、スポーツなどで使ったエネルギーを即補充する為、吸収しやすいブドウ糖の形で含んでいます。そして、生理食塩水に近い浸透圧で作られているので、すぐに吸収されます。また、清涼飲料水はとても多くの糖分を含んでいる為、飲んでも飲んでものどが渇くという症状がおきやすいのが特徴です。これらを知らずに清涼飲料水やスポーツドリンクを一気に大量に飲んで急性糖尿病で病院に運ばれるケースもあります。このように清涼飲料水やスポーツドリンクの飲みすぎが引き起こす高血糖の状態をペットボトル症候群と呼んでいます。一気に飲んで発症する急性糖尿病だけがペットボトル症候群ではありません。日々、清涼飲料水やスポーツドリンクを水代わりに飲む習慣を持ち、常に高血糖の状態に陥っている人も同様にペットボトル症候群と呼びます。子供の場合は特に甘いものを好む傾向がありますし、「清涼飲料水は身体に悪い」と思っていても「スポーツドリンクは身体に良い」と勘違いしている人も多く、日常的にスポーツドリンクを水代わりに飲んで糖尿病に陥る子供も増えています。スポーツドリンクは激しい運動時の水分補給やエネルギー補給には大変適した飲み物ですが、家庭内で運動せずに過ごしている状態では糖分の過剰摂取になってしまいます。健康診断の結果で、血糖値が高いとか低いとかいわれて再検査になることはありますが、では正常値がどれくらいなのか?ということはあまり記載されていません。血糖値というのは、一人の同じ人間でも一日の間でかなり変動があります。そもそも血糖値とは、血液中に含まれるブドウ糖の濃度をあらわした数値です。食事を取れば血液中のブドウ糖量は一気に上昇しますから、血糖値が上がります。血液中のブドウ糖濃度が下がると、人間は空腹感を感じるようになっていますので、空腹時に計測すれば血糖値は低いというわけです。つまり、一日三食が基本の人間の場合、一日の間で血糖値は何度も上下を繰り返すことになります。一日の間で変動を繰り返す血糖値は、正常値がどれくらいと設定するのが難しいのです。一般的には食後45分~1時間後の一番血糖値があがった時に140mg/dl未満が理想的な数値といわれており、食後2~3時間で食前の血糖値に戻るといわれています。食後2時間後に血糖値が180mg/dlを超えていると血糖値が高いといわれ、140mg/dl以下なら正常と判断されています。