腰痛を和らげるグッズって?

つらい腰痛を和らげるグッズとしておすすめなのは、腰痛用のコルセットやベルトなどです。コルセットやベルトは、腰痛を治してくれるものではなく、痛みを和らげてくれるサポート的な役割で使用します。腰痛のときに、体を支える筋肉に働きかけ、痛みの出る姿勢をとらないように補助してくれるのです。コルセットやベルトを使用しているだけで、何もしていない状態よりは確実に腰痛が楽になるでしょう。コルセットは、使用すると腰をしっかり固定してくれる道具で、痛みを和らげてくれます。医療用となっており、比較的痛みが強い場合に使用することが多いです。ただ、圧迫する力が強いので、ある程度痛みが治まったら、コルセットの使用は控えてください。整形外科などを受診すると、手に入れることができます。ベルトであれば、腰痛ベルトや骨盤ベルトとして、ドラッグストアなどで簡単に手に入れることができるはずです。簡単に入手できることから、腰痛を和らげるグッズとしては、コルセットよりもベルトの人気が高くなっています。腰痛ベルトには、素材や形状、電気が流れるものなど、様々な種類があります。自分の体型や腰痛の症状に合ったベルトを選びましょう。腰からずれないこと、日常生活の動作を妨げないことが、選ぶ際のポイントです。また、夏場には蒸れないように、メッシュタイプのベルトを選ぶといいですね。他にも、腰を温めて血行を良くする保温グッズ、入浴剤、マッサージ器など、腰痛を和らげるグッズはたくさんあります。

腰痛を改善するストレッチって?

長く同じ姿勢でいることで、体の筋肉が緊張して、腰痛を引き起こしてしまいます。腰痛を改善するには、体の筋肉を引っ張って伸ばすために、ストレッチをするのが効果的です。腰痛改善ストレッチには、仕事の合間に行える簡単なものから、自宅でじっくりと行えるものまで、様々なやり方があります。ストレッチを行うことで、緊張した筋肉をほぐし、血液循環を良くします。ストレッチは腰痛の改善のほかにも、腰痛予防としても効果的でしょう。職場などで長時間椅子に座りっぱなしの人は、休憩中などの空いた時間に、椅子に座ったまま腰に手を当てて、体をゆっくりと左右にねじる、前に倒すなどの簡単なストレッチを行うだけでも効果があります。自宅では、仰向けになって、両手で両膝をかかえてゆっくり元にもどしたり、腰から下の部分をひねったりするストレッチがおすすめです。余裕がある人は、腰回りの筋肉だけでなく、背中や腿などのストレッチも合わせて行うとさらに効果的です。ストレッチをする際は、決して無理をせずに自分のペースで行い、痛みのあるとき以外は、毎日継続して行いましょう。反動をつけたり、無理に伸ばすなどの行為は避け、痛みがひどくなる場合は、すぐに中止してください。腰痛の種類によっては、ストレッチをすることで、症状が悪化してしまう場合もあります。既に痛みがある人、腰痛の治療中の人は、専門医に相談してから、ストレッチを行ってくださいね。

腰痛には整体?鍼?整形外科?どこがいい?

一般的に、腰痛がひどくなった場合には、整形外科を受診して、症状に合わせた治療を行うことが多いでしょう。でも、病院に通い続けても、なかなか腰痛が改善しないこともありますよね。それに、薬や手術などを避けて、整体や鍼、マッサージなどで腰痛を改善する人も少なくありません。ただ、もし、腰の痛みが激しかったり、慢性的に痛む時には、一度、整形外科を受診してみてください。整形外科では、問診・視診・触診などの検査を行い、症状によっては、レントゲンやCT、MRIなどの検査も行います。整形外科はどのような腰痛に対しても対応が可能ですし、整体や鍼では骨の変形や腫瘍、関節のゆがみなどの判断ができないことも多いでしょう。それに、腰痛の原因が内臓の病気だったというケースもあります。また、整形外科は保険が適用されますので、経済的負担も少なくなります。整体では、骨や関節の矯正をしてくれます。背骨や骨盤のゆがみを矯正し、体のバランスを整えていくことで、腰痛を軽減させるのです。ただ、整体での治療には即効性がなく、定期的に通う必要があります。さらに、整体では、医療行為をすることができません。万が一、手術が必要な腰痛の場合であっても、発見が遅れてしまうこともあるので、くれぐれも注意が必要です。鍼治療は、体のツボを鍼で刺激し、人間が本来もつ自然治癒能力を引き出して腰痛を和らげます。国家資格ではありますが、医療行為ではなく、あくまでも体質を改善することが目的の治療方法です。鍼治療は医師の同意書があれば保険を適用することも可能ですが、鍼治療を受けている期間は病院での治療が受けられないという難点があります。整体や鍼は、整形外科で検査しても異常がみられなかった場合、もしくは、筋肉疲労による慢性的な腰痛の時に受診するのがおすすめです。

腰痛になる原因とは?

誰もが一度は腰痛を経験したことがあると思いますが、腰痛になる原因は人によって様々です。ほとんどの場合には、なんらかの理由で、腰の筋肉に負担がかかり、その負荷に耐えられなくなった筋肉が炎症を起こし、腰が痛くなります。日常生活を送る中で、姿勢が悪い人や同じ作業を繰り返して行っている人は、前かがみになったり、直立した姿勢を続けていることで、腰の筋肉に大きなは負担をかけ、腰痛を引き起こすことが多いです。また、重たい荷物をもつなど、腰に強い負荷がかかる動作を行ったり、運動不足や加齢などにより腰の筋肉が衰えている人も、腰痛を起こしやすいと言えます。他にも、内臓の疾患や精神的なストレスが原因で、腰痛が起こることもあります。ただ、やはり、腰痛になる原因として多いのは、腰の筋肉の疲労です。普通に立ったり、歩いたりするだけでも、腰に大きな負担をかけている状態なのですが、さらに、不自然な姿勢をとり続けることで、筋肉を疲労させてしまいます。この筋肉の疲れが蓄積されて限界になると、腰痛が起こるのです。それに、筋肉疲労だけでなく、無理な姿勢を続けることで起こる骨盤のゆがみも関係しています。骨盤は全身を支える大切な骨です。骨盤がゆがんでしまうことで体の重心がずれてしまい、筋肉への負担はますます大きくなってしまいます。特に女性は、妊娠や出産などでホルモンバランスが大きく変化するので、腰痛を発症しやすいと言われています。冷え性などで血行が悪い人も、筋肉疲労が起こりやすいため、腰痛になりやすくなります。悪い姿勢を長く続けて筋肉の疲労が積み重なったり、冷え性などで血行が悪くなることで、腰の筋肉が緊張し、腰の痛みが増してしまうでしょう。

腰痛にいい椅子ってどんなのがある?

長時間同じ姿勢で座っていると腰痛になりやすいため、運転手さんやデスクワークをしている人は腰痛対策が必要です。同じ姿勢でいることで、腰周りの筋肉に負担がかかり、腰痛を引き起こしてしまいます。椅子に座れば腰痛が楽になると思われがちですが、逆に、背中が丸まってしまうことなどから、立っているときよりも腰への負担は大きくなります。どんなに意識して姿勢を良くしようとしていても、座っている椅子の高さ・形・素材などにより、知らず知らずのうちに姿勢が崩れて、腰痛を引き起こしてしまうことも少なくありません。腰痛用の椅子は、座っている時でも、直立に近い姿勢を保つことで、腰への負担を減らすことが可能になります。また、座っている状態から立ち上がる時にも、腰を曲げる必要がない構造になっている為、腰への負担を軽減できるのも、大きな特徴の一つです。腰痛用の椅子には、低反発素材を使用したもの、マッサージ機能が備わっているもの、骨盤のゆがみを矯正してくれるものなど、たくさんの種類があります。腰痛用の椅子を選ぶポイントとしては、椎間板にかかる圧力や背中の筋肉への負担を軽減するために、背もたれが後ろに傾くタイプのもの、腰の部分が曲線になっていて、腰回りをサポートしてくれるもの、座面の素材が柔らかすぎないもの、長時間同じ姿勢にならないように、座幅の広いものを選ぶと良いでしょう。また、高さの調節ができる肘掛があると便利です。腰痛用の椅子の中で、ダントツの人気を誇るのが、座椅子タイプになります。腰痛用座いすは、角度調節ができるものが多く、自分に最適な角度を見つけることが可能です。自分に合った角度に調節することで、椅子と体に隙間がなくなり、腰痛が楽になるでしょう